無課金攻略のススメ~実践編~

今回はソシャゲを無課金で攻略していくための実際の流れを、プレイ経験のあるタイトルをベースに解説していきます。
応用の利く部分や、そのまま流用できるものが多くある筈ですので、ぜひ最後まで読んで役立ててください。

①始めるタイミング

タイミングはとても重要です。ガチャと言う機能が当たり前の昨今、そこから排出されるキャラの性能が攻略を左右するのは言うまでもありません。
またガチャには期間限定のものも多くありますし、キャラの好みも人それぞれです。
自身に全くうま味のないタイミングで始めても途中で息切れしてしまうでしょう。
2つのパターンに分けてみましたので、プレイするタイトルの特徴や自分に合いそうなパターンを選んでみましょう。

パターン①:季節系ガチャ(ビジュアル重視)

こちらは夏の水着や浴衣などの衣装を着たキャラクターが登場する、季節限定で行われるガチャのタイミングを狙っていくパターンです。

実装されるタイトルはシャニマスやプリコネ、バンドリなどの女の子だけがひたすら活躍するようなタイトルが多いです。女性向けであっても女の子の部分が男の子に変わるだけで同じ路線でしょう。
例外もありますが、そこは運営がビジュアルも推していくかどうかに左右されるのでリリース直後にプレイするのであれば夏までガチャは様子見していると良いでしょう。

クリスマスのサンタ衣装やお正月の振袖とか夏以外にも見所がありますが、皆さんやはりキャラクターのセクシーな姿に弱いのでしょう。夏の水着ガチャが人気です。
夏のガチャを狙うパターンとほぼほぼ言えます(笑)
時点でバレンタインデー(女性向けならホワイトデー)ですね。
必然的に恋愛的要素を含める事ができるこの時もキャラクターのビジュアルが光るタイミングです。

このタイミングを狙う理由はもう一つ、復刻機会が少ない事にあります。
季節限定と言う後押しもありますが、実際に売り上げがあるからなのか、復刻機会を少なくして更に希少性を高めています。次年度の同じ季節まで復刻されないなんてザラです。
そしてその次年度はまた新しいキャラが登場するので希少性は常に保たれ続けます。

好きなキャラクターがいて、季節ガチャが実装されている場合このタイミングで始め、ひたすらリセマラで狙っていくと良いでしょう。特に確率も渋いことが多いので…

パターン②:周年(コスパ重視)

楽に堅実をモットーとする当ブログ一番のオススメであり、実際王道であろうパターンです。
一番リターンが大きいタイミングでプレイを開始します。
そのタイミングが即ち、周年です。
周年イベントは1年サービスが続いた記念であり、ここから先も遊んでくれているユーザーについて来てもらう為にさらに盛り上げていこうとするタイミングです。

このタイミングでは感謝としてガチャ石の大還元や、マンネリ化の防止とまだまだ面白いゲームしていくぞと言う意気込みや進化を見せる新機能の実装、その新機能に対応した最強キャラのガチャ登場など、運営にとってこれほど都合よく盛り上げていけるタイミングはありません。

私のプレイしているドッカンバトルでは、周年のキャラを持っていればその1年やっていけるぐらい圧倒的な性能を持っています。勿論、最高難易度をクリアするにはパーティとしても強くする必要はありますが、再録もいつされるか分からないですし、以降出るキャラの方が強いと言う保証もありません。

しかも、以前の周年キャラや割と直近のフェス限キャラも一緒にピックアップされていたりするので、このタイミングでガチャを引くだけで今年の周年が出なくても直近の強キャラを手に入れる事ができれば今の環境に追いついたも同然です。

と、ドッカンバトルではかなりインパクトがありますが他のタイトルでは周年以外は恒常キャラと言うことの方が多いでしょう。

ですが大体のタイトルでログインするだけで大量のガチャ石を貰えますし、そんな一番石がある状態で最新の最強キャラを狙っていけるのであれば、これを逃さない手はありません。
一番美味しいタイミングなのはどのタイトルでも一緒のはずなので、迷ったらこの周年を押さえましょう。

パターン①の季節ガチャも必ずとは言いませんが復刻を期待できます。
1年も続かずサービス終了してしまうタイトルがある中で、運営としても何年続けば良いなと言う希望もあることでしょう。
この続けば良いなが達成された時、それはどの周年よりも大きな記念碑となるタイミング。
終了したアニメや漫画の5周年、10周年の様な価値があります。
このタイミングはより復刻や還元を期待できるでしょう。


②リセマラの終着点

楽堅としては、その時点の最新キャラ狙いをオススメします。
最新キャラが弱いなんてことあるはずもなく、新キャラはピックアップ対象となり排出確率が高くなっているので、少ない試行回数でリセマラを終えることができるからです。

育成素材の配布が多ければ即戦力にできますし、そうでなくても最新キャラなので何れ自分のリソースが追いついた時に活躍してくれます。
好みのキャラで始めたいということでなければ、新キャラを狙って一早くスタートしていきましょう。

とは言え、ジャンルによってリセマラの終着点は変わってきます。

例えば、シャニマスのようなサポートとプロデュースで活躍する場面が分かれているのであれば、個人的にはベースとなるプロデュースアイドルを選びます。
アピール倍率も高いので、重ねないと戦力となりにくいサポートは始めたばかりのプレイヤーには厳しいです。

その他、あらかじめ最強キャラを調べていてそのキャラが出るまで続ける根気があるのであればそのキャラが出るまで狙っていくのが最も効率の良いパターンです。

③攻略開始

楽堅は音ゲーかそうでないかどうかで無課金攻略の仕方が変わると思っています。
なのでこの2種類に分けて解説していきます。

《音ゲーの場合》
先ず、音ゲーの一番楽しい部分って何であるかを胸に刻みましょう。
そう、それは楽曲をプレイすることです。
ソシャゲーである限り、どんなにフルコンボできてもイベントポイントやスコアは低いまま。
常にそのイベントに特科したキャラをガチャで入手出来ていない限り、上は目指せません。
スコアやイベントのポイントなどおまけです。貰える称号も自己満足です。

音ゲーは体感ではクリアできていても、使っているキャラでNGを出してくる理不尽なゲームであることを覚えておき、楽に堅実にプレイしていく為に自己満足となるスコアやイベントの結果は極力考えないようにしましょう。

逆にここをクリアできれば後はテンプレートです。
本来プレイ結果でスコアを競う音ゲーだからこそ、イベント特化キャラを狙わないのであれば、どのキャラクターを使ってもスコアはそうそう大きく変わりません。一度最高レアリティー&最高レベルの編成を作れてしまえば楽曲の必要スコアは基本的に達成できるようになります。イベントの獲得ポイントにも大きな差はでません。

好きなキャラクターをベースに、そのキャラが所属するユニットがあるのであれば育成素材はそこに全集中を続けながらイベントを遊んでいくのが良いでしょう。

イベントでのポイントを稼げるようになったのであれば、次は無理のない範囲で自分が満足できそうな報酬を目指してプレイしていきましょう。

オススメはキャラクター報酬です。
キャラ報酬はプレイヤーを惹きつける大きな目玉報酬となっています。
なので、少し努力すれば手に入る圏内に置かれることが多いです。
課金勢やガチ勢しかプレイしないような範囲に置かれてしまっては、目指す前にプレイヤーが飽きて離れて行ってしまいますし、それが毎度の事と分かってしまえばそもそも始める人も減ってしまうでしょう。
キャラクター報酬はバンドリベースでの話ですが、ユーザー数の運命を分けるであろう目玉報酬はどのジャンルのタイトルでも重要視しているはずなので、必ず届きやすい範囲に設定されているはずです。

大きな差が生まれない音ゲーにとって、純粋にキャラが増えると言うのは、ガチャで全然出てくれないキャラを手に入れるチャンスだったり、偏っていて足りないタイプが補充出来たりと無課金攻略の戦力を増加を助けてくれるのです。

また、ここを目指すということはその間の報酬となるイベントシナリオも開放されているはずです。
シナリオがキャラクターより先の報酬であるのは、シナリオを知らないことにはキャラクターも欲しくならないと言う心理を利用したものであるでしょう。
キャラ獲得も辛くなってきたときにはシナリオ開放までは進めておくのがオススメです。
イベント自体復刻がいつとなるか分からないので、開放しておけばいつでも読めることが多いです。

更に、これらの報酬の間では育成報酬を置いてお茶を濁すことがほとんどです。
目玉報酬を目指すということは、育成報酬に余裕が出来ることを意味します。
後々足りない報酬をピンポイントに狙って時間を使うより、報酬獲得を楽しみながら自然と戦力増加を狙えるイベントは実は最高効率です。

ここまでできれば後はルーティーンです。
自分のプレイするタイトルに合わせて手を加えて日々の音ゲーライフを楽しんでください。

《音ゲー以外の場合》
大抵がクエスト仕立てのはずなので、音ゲージャンルでなければこちらが当てはまると思います。

1:イベントをチェックしつつメインストーリーを攻略
先ずはイベントをチェックし、開催されていればメインストーリーと並行して攻略していきましょう。
並行して行う理由は、メインストーリーの後付けでイベントが行われているからで、こちらの方が難易度がやや上だからです。
その為、全クリは狙わずに無理せず行ける所まで頑張って攻略していきましょう。
大体その内復刻されますし、その時に報酬も復活していたりするので元は取れています。

メインストーリーを並行する理由はコンテンツと連動してることが多いからです。
例えばプリコネの場合、ダンジョンや探索、アリーナなどの育成素材を獲得できるコンテンツがありますが、ストーリーを進めないと開放されません。このようなコンテンツの開放がどれだけ早いかで獲得できるアイテムのトータルに差が大きく出ます。
とは言え、むやみに育成素材をつぎ込んでの開放では元も子もないので育成は最低限で行っていきましょう。

2:育成タイミングの見極め
育成ポイントの見極めはゲームオーバーの領域にいるかどうかです。それはなぜか。
さて、リリース初期のタイトルはいきなりレベルMAX前提でしょうか?
そんなゲームはないはずです。
チュートリアルを兼ねている事もあるので数ステージクリアすれば一旦育成が必要な流れとなるとは思いますが、それでも最先端のキャラを1体でもお供にスタートしているはず。
まだまだ進めると思います。

これのメリットは幾つかあり
・ある程度手ごたえが出るので作業ゲーにならず、純粋にゲームを楽しめる
・難易度を確かめつつ進めることができる
・システム把握につながる
・低レアリティや評価されていない(過去評価されていた)キャラの性能も確かめることができる
・育成ルートを模索できる
・育成素材をギリギリまで節約できる
と、楽堅的には育成素材の節約がメインですが、全部ワンパンでクリアと言う事にはなりにくい為しっかりと遊び方を身に着ける事にも繋がると思っています。

3:どこまで育成するか
育成は幾つか段階がある中の1段上ずつ育成していくようにしましょう。
どのタイトルも長く続けば続くほど新しい育成要素が増えていきます。
これもリリース直後と同じ考えで、全要素網羅しないとクリアできないのか?と考えましょう。

また、タイトルにより一極集中でも大丈夫なのか分散した方が有効なのかが変わってきます。
2の育成の見極めではしばらく育成をしないで進める為、どこが強ければクリアできるかが自ずと見えてきます。

例えば、ドッカンバトルではボスの弱点属性のキャラでガードさえできていれば自分が弱くてもフレンドの最強キャラでワンパンなんて時代がありました。
これは一極集中の育成でどうにかなるパターンです。

対してシャニマスのメインとなるプロデュースでは、育成するアイドルとサポートするアイドルそれぞれのアピールの中からランダムに出されたアピールを毎ターン手札のように使ってオーディションを勝ち抜いていくゲームなので、全体的に強化していないと弱いアイドルのアピールしかないターンが来るだけで負けてしまう事があるわけです。

最終的にはガチ勢と一緒のレベルを目指していくので、一極と分散どちらも最終段階まで育成するわけですが、その過程でどれだけ温存できたかによってガチ勢と同じ土台に立つ早さが変わります。
クリアできなければまた次の段階と、常に温存しながらコツコツと育成していきましょう。

4:勝てないとき
育成以外で勝てない時は消費アイテムや装着タイプのアイテムを活用しましょう。
この時気を付けるのは、消費アイテムはいつか使わなくなるような低レアリティのアイテムを使うこと、装備品は取り外しが出来るものを使う事です。
タイトルにより効果は様々ですが、ストーリーをクリアすれば何個でも手に入るようなアイテムは何れ使わなくなるのが殆どです。
例えば、全回復するアイテムが手に入るタイトルの場合、定数しか回復しないタイプのアイテムはインフレに負けてしまうのでいつか使わなくなるのは明白です。
使わなくなって余らせてしまうのであれば、使ってしまった方がストレスなくクリアに繋げることができますし、育成に頼る必要が減るので結果的に素材を節約することができます。

装着タイプのアイテムはタガタメで言えば武具と呼ばれる装備品、ドッカンバトルで言うとスキル玉と呼ばれる装着品です。
前者の武具は取り外しが出来ますが、後者のスキル玉の場合は一部を除き一度着けると外すことが出来ないだけでなく、入手方法も限られているので使用は推奨できません。
こう言ったアイテムはキャラの性能に大きく直結するので、取り外しが出来るタイプであればクリアするまで試行錯誤することができます。
武器ガチャのような、キャラ以外の装着系ガチャが実装されているタイトルであれば、自然と低レアリティの物も余ってくるはずなのでこれを活用しない手はありませんね。

これらの機能があるタイトルはしっかりと活用して、節約できるものは節約していきましょう。

5:必要ならば石を割れ
無課金節約志向なのにどうして貴重な石を割るのか?
それは、ガチャは結局のところ博打だからです。

こちらの目的も考えてみましょう。
ガチャで引くことが全てでしょうか?

ガチャで引くこと前提の難易度設定がされている場合も多いので、どのタイトルにも使える考えではありませんが、せっかく貯めた石もガチャで何も出せずに終わってしまうのであれば元々石がなかったのと一緒です。ガチャ以外の有効な石の使い方を知ってこそ、堅実な攻略につながるのです。
以下の様な時は使い時です。

《コンテニューしないとクリアできないが、その先に大きな報酬がある場合》
⇒戦力が整っていない序盤によく活用すると思います。ガチャと比べ若干劣るイベントキャラも大きな戦力と感じる序盤では、キャラ獲得に繋がる報酬は何としても欲しいものです。
ですが、タイトルによってはボスが人権キャラがいないとクリアできなかったり、難易度イージーをクリアし更にハードをクリアしてから…と上級難易度のクエストまで求められる場合はコンテニューが必要となってきます。

例えば、初期のドッカンバトルでは手に入る石が圧倒的に少なく、確率も渋かったため最高レアリティで揃えることは不可能に近いものでした。
そんな中開催されたイベントでは、獲得できるキャラを報酬で最高レアリティにできる高難易度イベントだったのですが、理不尽に近い難易度で人権キャラが必要でした。

しかも、当時はそれ以外にやるイベントがなく石も増やしようがなかったので、石を突っ込んででもクリアする価値がありました。こう言った0が1になるような大きな価値を見出せるのであれば、コンテニューはどんどん活用しましょう。

《ガチャを引くよりも育成が重要な場合》
中には常に育成を求められるような、スタミナ消費がいくらあっても足りないタイトルがあります。
そんなタイトルでは、ガチャで引いても1からMAXまで育成するのが段々と大変になっていくので、既存のキャラの能力を最先端にしていく方が手っ取り早いです。
その為にはどれだけ石でスタミナを回復して素材を回収しに行けるかが重要です。

例えばプリコネはステータスの要となるランクの上限が定期的に開放されていく為、最強でいるには常に最先端のクエストの素材が必要。しかも、急に過去の素材の要求だけでなく、それらの素材はドロップ確率が低いものも含まれます。

しかも、限界突破の素材となるピースは一定数集めればキャラを獲得することが出来るのです。
このピースはハードクエストをクリアする必要があり、挑戦回数も制限があるのでどれだけ早く解放して周回するかが大事となってきます。
実際、ガチャ確率も渋いのでこの仕組みの時点で管理人はガチャで出すよりピースを集めての無課金のキャラ獲得を徹底することにしました。
限定キャラも余裕がある時しか狙えませんが、限定がないとクリアできないゲームなんてありえないですからね。

限界突破の参考になったと思われるタガタメも、ピースに該当する魂の欠片と呼ばれる素材でキャラを獲得できます。このタイトルも入手した直後すぐ最強にすることが難しく、プリコネよりも素材の必要数が課金寄りなので、既存の手持ちにどうしても一歩届かない部分があるので、ガチャで引くことのメリットが少ないです。

この見極めが出来れば最終的な戦力に大きな差が生まれるはずなので、育成素材が大量消費させられるタイトルであるか常に意識してプレイしていきましょう。

《割った先でそれ以上の石が獲得できる場合》
これはキャンペーンや期間限定イベントのミッション報酬で割った以上の報酬が獲得できる場合です。
無課金でやるからと自動回復するスタミナだけを頼りにプレイするだけではもったいないです。
本来より少なくても1個でも多く増えれば良しの精神で。
プラマイ0でもその間タダでクエストをクリアできた事になります。
新規のミッションはしっかりと報酬をチェックしましょう。

④ガチャも効率よく

さて、あらゆる効率化を通して石がかなり余裕が出てきたら目的のガチャを狙う時です。
ですが欲望に任せて適当に回してしまっては意味がありません。
ここでも効率よく行っていきましょう。
楽堅的に狙っていくのは、ステップガチャと天井です。

リセマラの項目でオススメのタイミングは紹介しました。
これを適切なタイミングで回していきます。

《ステップガチャ》
ステップガチャはガチャを回した回数(ステップ)により報酬の獲得や特定の回数回すことで最高レアリティ確定などの恩恵が受けられる美味しいガチャです。最近では様々なタイトルで見られますね。

ここでは最高レアの確定枠を狙います。
確定枠があればどんなに酷い結果であってもある程度次に繋げることができますし、何より無駄にした感が減る。ここ意外と大事です。

確定枠は大体30連あたりから設定が見られます。
タガタメは目玉のガチャにステップ設定されていることが殆どで、キャラと装備枠の真理念装それぞれでステップが存在しているので、運が良ければ両取りが狙えます。
管理人は毎回ここ狙いで回しています。

美味しい所狙いなので、本当に欲しいキャラクターでない限り、確定枠まで回したら目的のものが出ても出なくても終了です。
運がなかったということで次の機会までまた貯めておきましょう。

《天井狙い》
天井はある程度長く続いているタイトルに多く見られる機能です。
これはステップガチャの究極版とも言える形で、100連や300連など課金しないと辿り着けないような回数ガチャを回しても出なかった時でもそのガチャのピックアップキャラを1体保証してくれます。
これがないタイトルは出るまで何百連と回さないといけない訳ですね。
10万課金したみたいな話は周りから皆さんも聞いたことあるでしょう。

愛と言えばそこまでですが、いつか終わってしまい物としても残らない物に突っ込むのであれば別の事にもっと使います。10万と言うヘビーユーザーを例としてしまいましたが、1万でも家具を買ったり毎日外食して帰るとかもっと毎日が楽しくなる使い方出来ますしね。

では、ならばどうして課金向けの天井をオススメするのか?
それは、貯めれば貯めるだけ無課金も1回ぐらいは天井に挑戦できるからです。

特にシャニマスは全てではありませんが天井設定があります。
石の獲得も容易なため、常にミッションをこなし続ければ半年に1回位は推しのキャラをタダで獲得できるのです。これを使わずして欲望のままにすぐ回してしまっては勿体ないのです。
リセマラの項でも話していますが、この間にも当然他の高レアリティだって当然出てくるのですから。

《どっちもない場合》
該当しないがお得な機能がある場合はそちらを狙っていきましょう。
ドッカンバトルの場合は天井機能に加え、時期によっては30連回すと次回10連無料と面白い機能が付いています。
単に回すだけのガチャの場合はスタンダードに強キャラが来るタイミングで狙っていきましょう。

⑤強キャラとは

俗にいう強キャラとはどう言ったキャラを指すのか。
それは環境を先取りしていることです。

ソシャゲは大体が属性やリーダースキル、個々の持つスキルなど決まった能力設定がされていますが、当然適当に設定しているわけではありません。
属性がある以上特定の属性だけ贔屓する訳には行かないので、各属性でパワーアップ範囲の平均化が図られます。

では、これらのキャラがある程度プレイヤーの手に渡った後で、ガチャをまた引きたいと思ってもらうには、それ以上の性能を持ったキャラ出すしかありません。
大体はパーセント表示でパワーアップを施しているはずなので、この表記が一線を画すものである場合、引く価値のあるキャラであると言えます。

その他、スキルが1つだった物が増えたり新機能を引っ提げていたりと、将来性のあるキャラも強キャラに入ります。普通の育成では既存のキャラにスキルや機能を追加することはできませんから、今後手持ちのキャラでは限界を感じるように仕向けられます。

例えばプリコネでは、七冠と呼ばれるストーリーの重要キャラが登場。
その中のムイミと呼ばれるキャラは高火力の攻撃を広範囲にぶつけることが出来る為、あっという間に単体高火力のキャラを置き去りにし、ぶっ壊れキャラになりました。

また、シャニマスではサポートキャラのアピール倍率がSSRであれば2.5倍で固定だったところに3倍や多色アピールが登場し、2.5倍前提のプロデュースシナリオの難易度が圧倒的に下がりました。

このように、使うことでどれだけ攻略に変化が出るか想像すれば強キャラを見分けることが事が出来るので、しっかりと見極めて事足りるなら石を温存し次のガチャを待ちましょう。

⑥課金をするなら

ちょっとぐらいは課金しても大丈夫!と言う人もいるでしょう。
そう言った方向けのオススメも紹介します。

《パック購入》
タイトルによりますが、500円程度の月額パックを販売するタイトルも増えてきているのでこちらはかなりオススメです。
このパックは大体スキップチケットやスタミナアイテム、ガチャ石等を毎日少しずつログイン時に配布してくれます。
ここで貰える石は30日換算すれば10連分相当にはなるので、この記事に従って堅実路線で行けば自然と貯まっていくはずです。スタミナアイテムもいつかガッツリ攻略していくその日までコツコツ備えることが出来ます。

《セレクト系》
セレクト系は、周年などの記念タイミングで販売されるアイテムの事です。
基本は交換方式で、3000~5000円程度でこれまでに出てきたキャラの中から好きなキャラが1体交換できるというものです。ガチャで言えば10~20連程度です。
1、2回のガチャで好きなキャラが確定していると考えれば、この課金のコスパがどれだけ良いか分かるでしょう。

《有償確定ガチャ》
シナリオなどで手に入る石と、課金で手に入る石はそれぞれ無償と有償で区別しているタイトルもあります。同じ石ではありますが、同じ数でも現実で見ればお金を入れているので課金で買った石の方が価値があるわけですね。
この有償の石のみで回せるガチャも中には存在し、こういったガチャの場合最高レアが1体確定の設定が入っていたりします。
また、周年や正月等のお祭りタイミングでは特にお得な有償ガチャが紛れていたりするので、このタイミングのみ課金する、と言うのも路線としてありです。

《足りない部分の補完》
欲しいキャラで天井も近い、けど石があと少し足りない…!
みたいな時は思い切って課金した方が良いでしょう。
次回いつ再録されるか分からないですし、天井が近いということはそれまで頑張って貯めたはず。
次回を待つという手もありますが、手の出せる金額であれば悔いも残らないでしょう。

※まとめ

ここまで、無課金での攻略を解説してきました。
長く解説しましたが、纏めると大事なことは

・とにかく節約
・美味しい時だけガチャを引く

これに尽きます。
その為に必要なことは細かく解説したつもりです。
是非これを一部でも参考にしていただき、満足できる無課金プレイを楽しんでもらえると書いた甲斐があります。

無課金攻略のススメ~考え編~

楽堅管理人です。

今回はスマホゲーにおいて、課金せずに戦っていく為に持っておくと良い考えや戦略を紹介していきます。
細かい攻略記事が追いつかず、古い内容となっていくだけなので、私のスマホゲーへの向き合い方をお伝えできれば常に役に立つ内容と出来ると思いました。是非ご覧ください。

【スマホゲーのベースは変わらない】

今では数多く溢れるスマホゲータイトル。
何かしらプレイした事がある方は殆どだと思います。
元々ゲーマーの方はもちろん、スマホゲームから入り様々なタイトルを渡り歩いてきたような方は当然ご存知と思いますが、スマホゲーの多くはどれも似たようなシステムやインターフェイスだったりします。

これは開発や運営が一緒だったり、そもそも成功したタイトルを意識していたりと色々な事情があると思いますが、その結果として『スマホゲームと言えばこう』と言うベースが出来あがったと私は思います。

分かりやすいので言えば、『ガチャ』や『ログインボーナス』『デイリーミッション』『覚醒機能』ですね。

私はこのベースやそのゲームが持つ特有の機能や攻略条件に注目して進める事で、不自由の少ない状況を作ってきました。

【コツコツと長期的な目線で】

これから紹介していく考えは、結局は『コツコツ』と『欲を出しすぎない』ストイックな進め方が求められる事になります。

流行やサクサク進まないことが理由ですぐプレイするタイトルを変えるような方や、ガチャを引いて楽しんでいるだけの方、課金勢や時間が無限に使える人だけが味わえるような高みの世界を望んでいる方などには役に立たない記事となります。無課金攻略の内容となるので、考え方が課金について否定的であったり失礼な内容を含んでいるかもしれません。なので、課金勢の方も読むのは控えて頂くほうが良いかと思います。
それでも、読んだら課金の見直しに役立つかも?

なので、あくまで常識的に狙える範囲の有利を作っていく為の記事です。
当たり前な部分も多くあるかと思いますが、しっかりと1から攻略していきたいタイトルがある方には役に立つと思っています。
是非最後まで読んでみてください。

【有利に進めていく為に必要な考え】

それでは、実際の細かい考えや戦略について細かく解説していきます。
先ずは考えについてです。
これを認識しているとしていないとで、スタートからじわじわと差が出てくると思います。

  • 高レアリティなんていなくても頑張ればクリアできる
  • ガチャは当たればラッキー程度
  • アイテムはいずれ簡単に手に入る
  • 課金しなかった時の未来を考えてみよう

考え①:高レアリティなんてなくても頑張れば大体クリアできる

リリース直後のスマホゲーをプレイした事がない方には分かりにくいかもしれませんが、初めからクリアできないゲームなんて仕様としてありえません。
ガチャで最高レアリティ全部そろえてからスタートです、なんてゲームがあったら絶対やりたくないですよね。

当然それは運営側も想定しているはずで、最初はゲームを楽しんで貰う事がメインとなっているはずです。
最近ではお節介な位チュートリアルもある事ですし。
と言う訳で、初めから高レアリティがなくてもクリアできる=低レアリティでも十分と考える事ができます。
つまりは、リセマラも最悪拘る必要もなくなってくるのです。

そして、低レアリティ攻略はどのようにステージをクリアするか戦略立てて戦う事が多くなる為、家庭用ゲームをコツコツとプレイするが如く、ちゃんと攻略していると言う感覚で楽しめます。

強いキャラに頼ってサクッとクリアしてしまうと、有効なスキルや技の知識が養われないままです。
戦略立てしていれば、しっかりと効果を読んで実践もしているはずです。
高難易度のイベントが来た際の対応力が圧倒的に変わります。
強キャラの爽快感のみで続いていた人はこのタイミングで辞めてしまう人も出てくる事でしょう。

考え②:ガチャは当たればラッキー程度

石があればついガチャを回したくなる人が多いと思います。
しかし、そこでその時点の強キャラをゲットしたとして、果たして1年後も強キャラでいるでしょうか?

ガチャの売り上げが振るわないようでは運営側としては困ってしまうので、どんどん魅力的で強いキャラを出し結果としてインフレが起きます。
長期プレイしているタイトルがある方は、気付いたらインフレに追いつけず使わなくなったキャラが何人もいるのではないでしょうか。

しかも、スマホゲーは少しずつ新機能を追加していきます。
それに対応したキャラも当然出てくるはずなので、対応できない旧キャラは自然と弱いと評価されていってしまうのは明白です。

無料で手に入るイベント配布キャラも当然インフレの煽りを受けます。
もちろん、弱いと目玉になりませんので性能は現時点で通用する性能を元にして出して来ます。
初期の強キャラより数段強いなんてことはざらにあるでしょう。

更に更に、ユーザー還元として無料ガチャを実施するタイトルも多くあります。
そんな時に頑張って引いたキャラ、当時狙っていたキャラが出たらどうでしょうか?
ちょっと損した気分になりますよね・・・。逆にこれまで我慢できると大チャンスです。
殆どが当たりになり、新たな楽しみ方が見出せるでしょう。

とは言え、無料ガチャが何時やるのかは運営側の盛り上げ方次第なので期待せず、好きなキャラや見るからに圧倒的なキャラなど、ここぞと言うときまでとにかく取っておくべきです。
どういった時にどの程度ガチャを引くべきなのかは後日追加予定の戦略編で詳しく解説していきます。

考え③:アイテムはいずれ簡単に手に入る

デイリーミッションや挑戦回数に制限があるクエストではそこそこ貴重なアイテムが手に入りますが、そのアイテムも前述したインフレの煽りを受けて、新育成機能用アイテムの追加や従来のアイテムの必要個数の増加などが起こります。

それに付いていけないユーザーを少しでも減らす為、アイテムが大量獲得できるクエストの開催や、キャンペーンで獲得量が倍になったり、そもそも配ってたりとあの手この手でサポートしてくれます。

その時点では希少なアイテムもこの例に漏れず、何れ簡単に手に入るようになります。
特に、新育成機能に対応するアイテムは入手困難な場合が多いです。

当然そのアイテムを手に入れるには従来のキャラを使って行うので、新機能で強化を果たしたキャラクターでないと全くクリアできないと言う事ありえません。いつか前提とした難易度が訪れる時は来ますが、その頃にはある程度機能が浸透してアイテムも入手しやすくなっている頃です。

無課金で戦っていくにはこの時まで、チャンスを待ちましょう。

考え④:課金しなかった時の未来を考えてみよう

お金に余裕あるし、今回は課金しよう。
果たして本当にそれで良いのでしょうか?

しっかりとあらゆる使い道を考えた上で課金している方であれば問題ありませんが、現実は衝動に駆られて課金をしている方が多いのではないでしょうか。
課金できるお金は、別の物事に回すことだってできます。

一人暮らしであれば、貯めて欲しかった大型家電や家具を買えるかも知れません。
食費に回せば友人と数回外食を楽しめるかも知れません。
別の趣味に回してより豊かに出来たりしませんか?
勉強に回して将来の選択肢を広げるチャンスだってあります。


ここだけを例に出されると何か口うるさく感じるかもしれません。
スマホゲーは多くがキャラクターコンテンツなので、ここに視点を変えて考えてみてください。

好きなキャラの限定グッズが出た時買えるだろうか?
新曲のCDや単行本などに使えないだろうか?
ライブなどのイベントを全参加する為に回すのはだろうか?

数万出せるならヤフオクに流れた抽選系のサイン入りグッズを狙ったりもできますね。

私の場合シャニマスが好きなので、グッズやCD、ライブやコラボカフェと、ガチャよりもリアルで存在している物に対してお金を回しています。
本当はゲームにも回せればどの方面にも胸を張れるのですが、お金は正直です。
見栄を張っていては本当にしたい事を逃してしまいます。
ゲーム外にもコンテンツ展開があるのであれば、ガチャだけに気を取られず一生に何回楽しめるか分からないライブなどのイベントに一番力を注ぐべきだと思っています。

【まとめ】

如何だったでしょうか。
当たり前で、当然の事と思った方もいるかもしれませんが、実は忘れて衝動で動いてしまっている方も多いのではないでしょうか。コツコツペースでもスマホゲーはできるのです。
この考えを一度頭に入れていただき、課金する前の見直しに役立てばと思います。

次回は戦略編です。
どのようにゲームを進めていっているのかを解説していきますので、こちらもお見逃しなく!

【シャニマス】引いたら即育成!オススメ恒常サポートSSRを紹介!

4/1(木)よりシャニマス3周年を記念しての無料10連ガシャが開催中です。
個人的にオススメの恒常S-SSRアイドルを紹介していきます。
オススメポイントを踏まえて紹介していきますので、無料10連で引いたら是非育ててみましょう。

オススメ①【闇鍋上等】田中 摩美々

シャニマスを長く遊んでいるユーザーであればご存知であろうこの1枚。
特筆すべきはビジュアルマスタリーのSP&体力にあります。

マスタリーは対応するレッスンにこのスキルを持ったSアイドルがいると発動しするので、この摩美々の場合ビジュアルレッスンをするとSPと体力の回復が同時に行われます。
これは、レッスン&トークを同時に行うのとほぼ同じで、しかも体力がほぼ減りません。
レッスン&トークを行い、休んで回復と3ターンかかることを考えると、1回の行動で済むので2ターンも得する事になります。

摩美々がビジュアルレッスンにいるターンは問答無用でレッスンを選んでいるだけで強力なVi特化アイドルを育成する事ができます。

Viアイドル育成でなくても、思い出アピールの威力上昇に繋がりますし、体力を消費しないトークとして代用することも可能です。

更に、最大特訓で習得できる全体Vi2倍アピールは現在はそれほど強くはありませんが、デイリー&ウィークリーミッションのフェス周回にとても便利です。

とにかく、編成で抜ける事が殆どありません。
使いどころ満載のオススメSアイドルです。

オススメ②【お菓子なティータイム】大崎 甘奈

闇鍋摩美々のVoバージョンです。
大きな違いは最大特訓で習得するアピールが全体アピールでなく、Vo3倍&メンタル回復効果のアピールであることです。

Voアイドル向けのSアイドルは昔から少ないので、入手したら育てておきたいアイドルです。

オススメ③【Cherry Jelly】大崎 甘奈

こちらはビジュアルマスタリーのSPがViに変わったバージョンです。
SPの上昇がない代わりにViが追加上昇する為、Viを素早く上昇させるのであればこちらに分があります。
闇鍋摩美々と一緒に編成して、相乗効果を狙っていきましょう。
摩美々がいなくても回復効果が便利なので、単体でもオススメです。

オススメ④
【あめ、ゆき、はれ】芹沢 あさひ
【スパイシーベリィデコレイト】黛 冬優子

こちらは体力が回復しない代わりに、SPと対応する属性の追加上昇が出来る良いとこ取りのスキルを持っています。
冬優子はViに対応しているので、前者の摩美々や甘奈と同時編成する事で相乗効果が狙えます。

最大特訓で習得できる全体バフ効果を持ったアピールは、低上昇ではありますが彼女たちの所属するストレイライトのアピールを最大限に発揮する為には必要不可欠の効果です。

ストレイライトが好きな方は最大特訓しても損はないでしょう。

オススメ⑤【ハウ・アー・UFO】朝倉 透

透が属するユニットであるノクチルは、審査員からメンタルダメージを受けるまで発揮し続けるバフ効果と、その攻撃自体の回避率を上げるリアクション回避率上昇効果が特徴です。

この透が最大特訓で習得できるアピールは、運が悪ければ即バフ解除となる代わりにVoが50%も上昇と、上昇量から見るとSアイドルから習得できるバフ付きアピールとしては破格の上昇です。

最大特訓といかずとも、リアクション回避率上昇ボーカルマスタリーVoを持っているので基本性能としては申し分なく、条件が難しいですが決まればレッスンやお仕事の結果でパーフェクトが確定するパーフェクトマスタリーも持っています。

発動条件は『スキルの発動&一緒に行動&トラブル未発生』と、発動さえすれば体力に気をつけて一緒に行動するだけなのですが、狙ったパラメーターを上昇させたい場合には更に運が必要となります。

このマスタリーを持ったアイドルは数が限られているのでとても貴重なのですが、他のアイドルは自身がマスタリーを持っていなかったり、そもそも少なかったりと最近の環境と比べるとスキル面で劣るため、この為だけに編成するのは厳しいものがありました。

ですが、この透はボーカルマスタリーVoをしっかりと持っているので、これだけで役割を果たせています。

更に、Sアイドルの基本倍率と思われていた2.5倍を超えたVo3倍アピールを自身で行う事ができる為、オーディションでも強力です。

Voアイドルはもちろん、自身の属するノクチル、メンタルが重要なアルストロメリアなど、使いどころの多い強力なSアイドルです。

オススメ⑥【UNTITLED】樋口 円香

最大特訓はハウ・アー・UFOのViバージョン。
大きな違いはスキルにあり、育成に必須となるSPとメンタルを上昇させるトークマスタリーSPラジオマスタリーMeを持っています。
出来るだけ早く貯めておきたいこの二つのマスタリーを同時に持っているのは大きいです。

更に、透の持っているパーフェクトマスタリーとは違い、一緒に行動してエクセレントが発生すると追加ボーナスが発生するエクセレントブーストを持っています。

2倍の効果を発揮するパーフェクトと比べ、エクセレントによる上昇量は少ないですが、その分発生率は高めなので現実的にはこちらが使いやすいです。
パーフェクトと同時発生する事もあるので、その際は絶大な上昇量となります。

この上昇分他のレッスンに回していく事ができるので、闇鍋摩美々たちと一緒に連れて行きたいところです。

おまけ
【ふっふ~ん、ふふ~ん♪】月岡 恋鐘
【先生のお時間】桑山 千雪

リリース初期から登場しているSアイドルの2枚です。
恋鐘はメンタルダメージの割合カット、千雪はメンタルの回復にそれぞれ特化しています。

これまで活躍の場は余りありませんでしたが、コラボフェスの高レベルライブ、最新のプロデュースシナリオ『G.R.A.D.』決勝戦ではメンタルによる敗北の恐れがあるので、それに対抗できるアイドルです。

最低条件として特訓によるスキルの開放が必要なので、複数入手したら育成を始めましょう。

【まとめ】

今回紹介したSアイドルは殆ど似たスキルを持っておりますが、複数のマスタリーを持つことが如何に強力であるかも分かったかと思います。
おまけで紹介した恋鐘&千雪を除き、特訓不要で活躍できるのも魅力の一つです。
手に入れたら是非育成して、プロデュースに役立ててみて下さい。

【タガタメ】コラボイベント攻略のススメ(育成などもあり!KOFからの初心者も必見!)

12/24よりKOFコラボが開始となりますね。
タガタメではこれまでにも様々なゲームやアニメとコラボしています。
今回は、開始に先立ってコラボイベント実施時の進め方についてリゼロコラボ実施時の情報をベースに解説していきます。
KOF以降のコラボでも役に立つので必見です!

【※注意事項】

タガタメはユニット毎に3種のジョブが設定されていて、ジョブに応じた装備品で育成する事が可能です。

しかしその中でも、コラボユニットやストーリーで活躍するようなユニットは固有のジョブを持っているので、固有の装備品が必要となります。
これもイベントアイテムなので、当然イベント中でないと入手できません》汎用で使えるアイテムもありますが、それがない場合するかも分からない復刻を待つしかありません。

後々でも育成を考えている方は、必要となるアイテムを全てコンプリートすることを忘れないようにしましょう。

また、配布ユニット以外は素材の入手が困難です。
後述しますが、上限を目指す場合はコラボ後も含めた長期的な育成を視野に入れてください。

【コラボユニットを手に入れよう!~召喚(ガチャ)編~】

リセマラは言わずもがなですが、タガタメには《ステップ召喚》と呼ばれる、言わば天井のようなガチャが主流です。
タガタメのコラボユニットは、主人公or主人公と同格に位置するようなキャラの場合特定ステップで入手が可能です。

《主人公or主人公と同格に位置するようなキャラ》と言うのは、リゼロで言えばレムが人気ですが、元々はスバルがヒロインのエミリアの為に戦っていくストーリーなので確定枠と言った考え方です。スバルは配布ユニットとして手に入れる事ができました。

これまでは《七つの大罪》コラボで主人公のメリオダス&弟のゼルドリスが確定、配布がエリザベス。
《転生したらスライムだった件》コラボの際は主人公のリムル(人型)が確定、リムル(スライム)が配布と言った具合でした。
主人公かヒロインが配布or確定ガチャと覚えるのが良いかもしれませんね。
女性枠=ヒロインと言う意味でもないのでややこしい言い方となりましたが、今後また新たなコラボがあった際はこんな感じで予想できます。

説明に戻ります。
画像は9ステップ(90連)ガチャですが、5ステップ目で《エミリア》を確定で入手できます。
タガタメは2500個の石で10連(1ステップ)なので、12500個あれば確定で入手できると言うわけです。

タガタメでは《召喚割引券》と呼ばれる、1回だけ任意のガチャを80%割引(500石)にできるアイテムを基本毎週木曜に1枚配っています。

コラボは大体1ヶ月間の実施ですが、月初等で変則的な開始となる際は次週配られない事が多いので、大体3枚貰えると考えておきましょう。

また、基本1ヶ月の有効期限があるので、召喚割引券はストック可能です。
よって、単純にこれを狙っていくのであれば

・割引ガチャで3ステップ(計1500石)
・普通に引く2ステップ(計5000石)

の計6500個と、10連約3回分の石で確定ステップまで回す事ができてしまいます。
しかもタガタメはデイリー&ウィークリーミッションで毎週最大1760個も石が貰えます。クエスト報酬やキャンペーン、ログインボーナスでの獲得の可能性もあるので、少し頑張れば始めたばかりの方でもここまで引ききる事ができます。

確定枠にいないユニットについてですが、ピックアップ枠やコラボの中から1体確定、のように絶対的な入手方法ではありません。
追加のされ方も、中旬に追加となる場合もあります。

確定枠以外のキャラが欲しい人はリセマラするか、特定ステップでたまに設定されている魂の欠片を150個集めて練成をしましょう。

【コラボユニットを手に入れよう!~配布編~】

配布ユニットは、コラボイベントのストーリーの1話をクリアする事で入手できる事がほとんどです。
1話なので難易度は全く高くありません。ここから手始めにタガタメを楽しんでいきましょう。
イベント報酬のみで上限まで育てる事ができますが、開始したばかりの人には難易度の高い部分もあるので、ここからガッツリ始めていきたい方は後述しますが、諦めず頑張ってください。

【コラボユニットの育成】

ユニットの育成は下記のように多岐に分かれているので、全て育てきるのは一筋縄ではいきません。コラボ特有の部分については細かく、必要となる順に説明していきます。

・経験値を集めてのユニットのレベルアップ

タガタメにおける経験値獲得アイテムの《林檎》を使用する事で上げていくことができます。
クエストやショップでの購入で手に入れるのが普通なのですが、コラボイベントではオリジナルのリンゴがコラボクエストで大量に獲得できるので、コラボ中はここを活用しましょう。

ユニットレベルは、プレイヤー自身のレベルまでしか上げる事が出来ないので、コラボクエストやメインストーリーを進め、ミッション報酬の経験値でプレイヤーレベルも平行してあげていきましょう。

・装備品を集めてのジョブレベルアップ

ジョブレベルは6種類の装備品を装備する事で上げていく事ができ、最後の3レベルは固有の装備品も必要となります。
固有の装備品はコラボクエストの報酬で獲得できますが、コラボ記念のショップで石による購入も可能です。

その場合は必要な分一気に手に入るので、楽に育成したい場合はそんなに高くないので活用しましょう。
汎用の装備品も枯渇する可能性があるので、その際は別途入手可能な通常のクエストやショップでの購入で集めていきましょう。

どれも装備するには一定のユニットレベルが必要となるので、こちらの育成も引き続き忘れずに。

ジョブ毎にレベルが分けられているので、第2・第3ジョブへチェンジした場合はまたそれぞれ1から上げなおす必要があります。
高いレベルでチェンジしたからと言って高ステータスからスタートできる事もありません。

但し、ジョブマスターするとそのジョブに応じた追加補正を全体に受ける事ができるので、先ずは第1ジョブのマスターを目指していきましょう。

・ジョブのスキルレベルアップ

ジョブレベルを上げつつ、スキルも強化していきましょう。
ゲーム内の通貨《ゼニー》で最大20まで上げる事が出来ます。
スキルはユニットレベルと同じまでしか上げられないので、ユニットは20レベルまでは育てるようにしましょう。

・進化(※配布ユニットのみ)

元々は低レアリティのユニットを最大レアリティの★5まで上げる為の育成機能です。配布ユニットは低レアリティの状態での入手となります。

進化はそのレアリティにおけるユニットレベルを最大まで上げると可能となり、専用の素材が必要となります。素材はコラボクエストのミッション報酬などで獲得できます。

進化する事によりレベル上限も上がります。
一度では最大レアリティにはならないので、再度レベルをMAXにしての進化を繰り返してください。

・《魂の欠片》によるレベル限界突破

限界突破をすると、★5ユニットの最大レベル60より上のレベルへ上げる事が可能となり、レベル65&75まで開放すると、第2・第3のジョブへチェンジする事ができる様になります。

限界突破には《魂の欠片》が必要となり、ガチャで既に所持しているユニットが被った時の入手が殆どです。

必要数が年々増加しているため、コラボでは獲得数が100個だったり、ユニットを持っている人限定で挑戦できる《魂の欠片獲得クエスト》なども登場しています。

限界突破による最大は85レベルで、それには合計375個の欠片が必要です。後述の真理開眼でも必要となり、上述だけでも素材が全く足りないので、汎用の魂の欠片を使いましょう。
こちらは日々のログインボーナスやミッション等、幅広く入手する事ができます。

・上位の特化ジョブへ変化する《エンチャントジョブ》

一定の限界突破を行いつつ、そのジョブをマスターor手前の11レベルまで上げた場合、より特化したジョブ《エンチャントジョブ》にチェンジする事が可能となります。

エンチャントジョブはユニットの上方修正にも使われる事も多く、マスター時にはエンチャント前より大幅に強化されます。

注意としては、エンチャントするとスキルレベル&ジョブレベルが1に戻ってしまうので、再度素材集めが必要となるので、素材消費が激しい事です。
また、最後の3レベルではエンチャントジョブ用の素材も必要となります。

マスター時の補正も失われてしまうので、もしエンチャントをする際は直ぐにマスターできるようにしておくと良いでしょう。
素材は《エンチャントクエスト》で獲得できる合成用素材《エンチャントマテリア》とクエストのドロップで手に入れる図片等を組み合わせる事で手に入れる事ができます。

・真理開眼

限界突破を行い85レベルまで達すると、更なる限界を引き出す《真理開眼》を行う事ができる様になります。

タガタメのテーマともなっている七つの大罪に因んだ扉を強化していく事で、開眼前のステータスよりも圧倒的に強いユニットへと育成する事ができます。

しかし、育成におけるエンドコンテンツとも言える機能であり、育成は容易ではなく、7つ目の扉はまだ実装されていない状況です。

先ず、開眼の機能を解放する為には、レベル85にしつつ進化素材も必要となります。
加えて、《真理の輪眼》と呼ばれる専用素材が必要で、レアリティや配布コラボユニットなどの区分で別々のものが必要です。

配布ユニットはコラボクエストのミッションをクリアしていく事で必ず1個手に入れる事ができます。
これは配布コラボユニット共通となっており、コラボイベント毎に1個入手できるので、リゼロで逃してしまっても次の別タイトルのコラボイベントで手に入る分で代用する事も出来るのです(その際の配布ユニットの育成を諦める事にはなります)

レアリティ毎の輪眼についてはショップやクエストのドロップで手に入れる事ができます。ガチャで手に入るコラボユニットはこちらに該当します。

開眼すると各種大罪の扉の強化を行う事が可能となります。
5段階まで強化が可能で、これにも進化素材や扉強化専用の素材が必要となります。

特に注意するべき点は、魂の欠片が必要となる点です。
限界突破でも触れましたが、魂の欠片は入手手段が限られています。
最大570個ないと6扉を最大強化できないのに対し、入手できる数はこの半分にも満たないです。

しかし、これはタガタメオリジナルユニットに限った話で、コラボユニットだけはコラボ共通で使用できる《異界者の開眼欠片》も合わせて強化が可能です。
主な入手場所は魂の欠片と合わせて後半で説明していきます。

その他専用アイテムとして、
・旗
・水晶(コラボは不使用)
・免罪符
・贖角
・虚泡
・大罪の像(扉ごとに1種ずつ)
が必要となります。
コラボの度にショップ購入やクエスト報酬以外にも、ログインボーナスやRTキャンペーンで配布する事が多いので、コラボの開眼用素材は余る事が殆どです。

大罪の像のみ、タガタメオリジナルユニットでも使用する共通の素材となるので曜日クエストで獲得する事ができます。よって、こちらは配布する事は少ないです。
ひとしきり強化が終わってからの育成システムなので、敵はとても強力です。
3ジョブ全てマスターしてから挑むようにしましょう。

このような複雑なやり込み要素が求められる事から、フルで開眼できることはまだ当たり前とはなっていませんので、先ずは一部特化させていく事が大事です。

オススメの強化順ですが、
アビリティが強化される《怠惰》スキルが強化される《憤怒》
のどちらかを先ず最大強化しましょう。
両方終わり、もしコラボ真理念装を手に入れていれば間で、
装備した念装のステータス補正&HPを強化する《強欲》
持っていなければ各種基本ステータスを大幅アップする《嫉妬》
を強化しましょう。

残る2つについては、強力な回避スキルを持っているのであれば
リーダースキルの変化や回避率を上げる《色欲》
そうでなければ特定の敵に特効を得る《暴食》と強化していきましょう。

しかし、最低2段階上げないと次の扉が開放されないので、強化の際は目的の扉までに使用する素材の数も考慮しておきましょう。

【魂の欠片や開眼欠片の主な入手方法】

該当のユニットを入手している場合のみ挑戦が可能です。
コラボ終了後も7日間は残っているので、最終日に入手した人でも安心です。
100個は入手できるので、必ず毎日こなしておきましょう。

コラボ開催時には記念ショップが必ず登場します。
魂の欠片が50個4000石と高めではありますが、割引券で浮いた分をこちらに回すのもありと思います。

クエストクリア時に、期間限定のショップ《行商人》が現れる事があります。
画像の説明の通りコラボユニットを持っていると魂の欠片がラインナップされるので、石で購入する事が出来ます。
通常のショップ購入よりお得になっています。
クールタイムがあるのか、1度出現するとしばらく間隔をあけないと出現しないのでいつ出現しても購入できる様にしておきましょう。

通常のガチャを回すとコインがもらえます。
このコインは一生保有できるものではなく、1週間に1度、コラボだと2週間程でリセットされてしまいます。リセットされた数が石になって戻ってきますが、開眼欠片を5個100枚で交換できます。

無料召喚でもコインは貰えるので、毎日2種を回せば5日で100枚。
1ヶ月で見れば15~20個は交換する事ができます。
コラボ中のみの登場なので、他コラボの際もこちらでコツコツ貯めていきましょう。

召喚コインと同じようにおまけで《コラボコイン》が貰えるガチャがあります。
こちらはコラボ開催時限定で、開眼欠片や手に入れたコラボユニットの魂の欠片と交換することが出来ます。

こちらは石の課金購入&有償問わず使用した石に応じて貰えるボーナスです。
必ずではないですが、こちらに開眼欠片や魂の欠片が報酬として設定されている場合があります。
召喚コインの期限のように時限で切り替わっていくので、その度に必ずチェックしておきましょう。

レコードミッションにも報酬へ設定されている場合があります。
(手頃な画像がありませんでした…)
タガタメでは新ユニットが登場する度にお試しで公式フレンドとして連れて行くことが出来ます。
これを条件としたミッションがあり、獲得できる個数も25個なので、こちらも忘れずチェックしましょう。

コラボ開催前にも注目です。
直前記念クエストでは後々魂の欠片に変換できるチケットを入手できる場合があります。

コラボシナリオを全てクリアすると高難易度のEXクエストに挑む事ができます。
詳しくは後述しますが、こちらのミッションに開眼欠片が設定されている事が多いです。
他タイトルでも稼げる部分になるので、忘れずに手に入れておきましょう。

EXクエストと同時に、ソロレイドクエストも出現します。
ボスを倒すことで手に入るコインで回す事ができるBOXガチャで魂の欠片が出現します。
また、このボスの討伐回数に応じたミッションやBOXガチャ内に、配布ユニットの育成素材や真理念装が含まれている事が多いので、配布ユニット育成の際は注意です。
但し、ボスはとても強力で開眼しておかないと殆どコインを手に入れる事無く終了してしまう可能性があります。
挑戦もタダではないので、しっかりと準備を整えていきましょう。

【コラボクエストを攻略しよう!】

コラボクエストはノーマルとハードの2種に分かれているのが基本です。
ノーマルは限界突破をせずともクリアできる難易度が基本で、ハードでも3ジョブをマスターできていればコラボのクリアは余裕でしょう。

ミッションのクリアが山場となりますが、1度に全て達成する必要はなく、全員生存系のミッションであればコンテニューを活用するなど、上手く操作すれば簡単にクリアが可能です。
コラボクエストにおけるミッションの総達成数に応じた報酬もあり、配布ユニット用の素材が獲得できる事もあります。

石も中には含まれるので、そういった意味でも全達成を目指していきましょう。

【真理念装を手に入れよう!】

真理念装は1シーンを切り取ったイラストを使用した装備品の一種です。
それだけでなくフレーバーテキストも用意されており、そのシーンをより深く楽しむことが出来ます。

入手は、配布とガチャでの入手があります。
ガチャはコラボの際は最大5ステップでの実施が殆どです。ユニットが入手できた場合は続けてこちらも狙っていきましょう。

装備時の効果としては、イラストと関連するユニットに基本ステータスのアップだけでなく、特定の攻撃区分への追加補正や耐性を付ける等、効果は様々でとても強力です。

更に《錬金境界値》と呼ばれる数値を100%にする事でアイテムを獲得することが出来ます。
ガチャ産の場合はユニットに装備させる武具となるので、コラボユニットの性能を最大限に発揮するにはこちらも必要です。

強化用のクエストとなる《ビジョンクリアクエスト》や同じ念装を重ねての限界突破時にも上昇します。
境界値も汎用アイテムで上げる事ができるので、活用していきましょう。

途中ステップで手に入れた方は最後まで回して限界突破用に確定分を確保するのもありですね。

配布の場合は限界突破5回分の念装が必ず手に入るので、ソロレイドやミッションのクリアをして必ず集めておきましょう。

【真理念装を限界突破するアイテム】

念装には《レリーフ》と言う強化アイテムがあります。
これ1つで、レリーフと同じジャンルの念装を1段階限界突破できます。
コラボは《異界のレリーフ》で強化が可能です。

レリーフは有償ガチャやショップでの入手も可能ですが、デイリーミッションで手に入る《タガタメコイン》20日分で、月に1度だけ好きなレリーフと交換できるチケットと交換できます。

一度交換すると次月までタガタメコインでの交換は出来なくなるので、毎月コツコツレリーフを貯めていきましょう。

コラボ毎に開催の《激闘クエスト》と呼ばれる高難易度イベントで獲得できるコインもレリーフと交換する事が出来ます。
交換には銀以上のコインが必要で難易度も高くなりますが、入手機会が少ないので必ず手に入れておきたいところです。

【武具を手に入れよう!】

ジョブレベルアップに必要な消費アイテムの役割を持つ装備品と違い、武具は本当の意味での装備品にあたります。

開眼欠片の入手で説明していたEXクエストで獲得できる《武具の欠片》を集め、錬成することで手に入ります。
練成後も★5まで進化させる事で、アビリティも開放されるので必ず手に入れておきましょう。

こちらは他のクエストと比べ難易度は低め且つコンテニューも出来るので、根気よくプレイして入手を目指しましょう。

もし面倒でも汎用の進化アイテムがあるので、錬成さえ出来れば後々進化させることも可能です。

【ソロレイドボスを倒せ!】

レイドボスはノーマル、ハード、エクストラの3種があります。
エクストラはやり込みユーザー向けのコイン大量獲得を目指すバトルなので、こちらは攻略できなくても大丈夫です。

ハードもHPが桁違いに大きいので、真理開眼による十分な強化を1パーティ分十分に行い、且つ特効を持ったユニットやデバフが出来るパーティでないと、1体に数十回挑戦する事になってしまいます。
その為、ハードボスのミッションによる配布ユニット育成素材の報酬はこちらに含まれる事は少ないです。

ノーマルも開眼に踏み込める領域でないと1回~2回程度での撃破は難しいです。
最低でも真理開眼させることがクリアの条件と考えておきましょう。

挑戦にはコラボクエストで獲得できるチケットが必要です。
また、規定ターン以内に倒せない場合はゲームオーバーとなりダメージ持ち越し。再度チケットを消費しないと挑戦できません。
なので、出来るだけ早くクリアしないと数回やってたった10枚と言った悲惨な結果になってしまいます。

以下のようなスキルやユニットがソロレイドで役に立ちます。
一部効果が効かないようなボスもいるので、その時々で有効なユニットを育ててボス討伐を目指しましょう。

【有効なスキル&ユニット】

・CTダウンスキル
⇒ターン自体が回ってこなくなるので強力ですが、素早さは落ちないのでスキルを使い切ると途端に敵のターンが回ってきます(主なユニット:フィーア)
・スキル《アルカナラットン》
⇒重複して強力なデバフをかけることが出来ます(主なユニット:フィーア、ニクス、エンメル)
・割合ダメージスキル
⇒ハードなど戦力差があってもある程度の速さで倒す事ができます
・素早さダウンスキル
⇒CTダウンと違い、1回の行動が回るまでの速度が遅くなるので攻撃を受ける危険性は残ります。しかし、この効果を持つ踊り子のスキルは何処にいても当てられるので、使いやすさはこちらが上です(主なユニット:チハヤなどの踊り子ユニット)
・特効バフスキル
⇒ボスへの特効を持った区分の攻撃はそれ以外のものとは比べ物にならないダメージを叩き出します。
これを更に強化すればより破壊力のある攻撃が可能となり、ハードボスの攻略も狙う事ができます(主なユニット:【射撃】リーファ、【魔法】レティシア)

・重複バフの付いた攻撃系スキル
⇒攻撃スキルを使えば使うほど強力になるスキルはターン制限の設けられたソロレイドではとても有効です。特効がなくても中々の威力を発揮できるのが魅力です(主なユニット:ソル、セツナ(カウンターによる上昇)、スピカ(カウンターによる上昇)

【まとめ】

今回はコラボイベント全般の攻略について解説してきました。
タガタメはとにかくやる事がいっぱいで、初心者には難しい部分も多くありますす。
以下を抑えて出来るだけコラボイベント攻略を楽しんでください。

・ユニットや真理念装は割引券とデイリー&ウィークリーミッションでGET!
・魂の欠片や開眼欠片はあらゆる所で入手できる!
・武具や配布ユニットの強化素材の入手も忘れずに!
・ソロレイドや激闘クエストは真理開眼で十分に強化してから挑もう!
・ソロレイドはCTダウンやバフスキルを活用して倒そう!

【シャニマス】プロデュースシナリオW.I.N.Gをクリアしたい!(準決勝&決勝編)

分割で続けていたW.I.N.G攻略も最終回。
本番となる準決勝~決勝の攻略について解説していきます。

【流行に全てが左右される】

準決勝からはこれまでのオーディションとは違い、2位での勝利はありません。
よって、得意タイプが流行1位でない場合難易度が大幅に上昇します。
仮に準決勝を抜けられても、次は決勝の流行に運命がかかっているのです。
この記事では流行が不利の場合の攻略について解説します。

【流行不利でもクリアできる方法はある】

実は、どのオーディションもライバルが持っているタイプやアピール順が決まっています。
アピール順で言えば、流行1位⇒2位⇒3位のような形で3ターン分あり、4ターン目は始めに戻ります。

このアピール箇所が実は分かりやすく偏っていて、その空いた穴を突いていく攻略が大事となります。
ざっくりと準決勝と決勝のアピールについて書いていきます。

■アピール順

準決勝:各アイドルほぼ流行1位に集中。Vi&Daアイドルが多い
 決勝:1位と3位に集中。1位狙いはVoアイドル

ここから分かる事をそれぞれ細かく説明して行きます。

【準決勝】
・流行2位にアピールするライバルがいない
・Vi or Daが流行1位の場合Voは不利
・流行1位がVoの場合Voが圧倒的有利、他タイプの場合でもチャンス

【決勝】
・流行2位にアピールするライバルがいない
・流行1位がVoの場合、Voアイドルでも苦しい戦いとなる、それ以外の場合チャンス

どちらにも共通しているのが《2位を狙うアイドルがいない》ことです。
もちろん、ざっくりなので全くという話ではありませんが、2位狙いをしていけばどのタイプの場合も2位の審査員からのトップアピールは獲得できます。

流行1位がライバルも自分も得意タイプでない場合、純粋なアピール力勝負となります。変わらず2位狙いでも良いですが、逆にそちらがライバルにも得意となっている事を意味するので、注意して挑みましょう。

【2位狙いしつつラストアピールを掻っ攫う】

オーディションの結果を決める為に登場するスターを審査員から獲得するには3つの方法があります。

トップアピール:対象の流行で1番アピールポイントを稼ぐ
ラストアピール:審査員が帰る(ゲージがMAXになった)際にアピールしていたアイドルに与えられる
アピールボーナス:3割星とも呼ばれており、必要興味値の3割のアピールポイントを稼ぐ(3割満たすごとに獲得)


このスターの獲得数は流行が上位になるほうが獲得数が多いので、ストレートに各流行のスターをそれぞれ獲得して言った場合、流行1位が勝つ事になります。

実際のプレイでは《トップアピールを取れる=アピールボーナスも獲得している》ことはほぼ間違いないです。
ラストアピールはアピール順に左右されるので、ここが介入できる要素です。

ここでラストアピールも取られてしまうと、2位と3位でそれぞれトップを取る位出来ないと勝つ事が不可能となってしまうので、流行が不利の場合はラストアピールを狙っていくことが定石となります。

【ラストアピールの狙い方】

ラストアピールを狙うには審査員に対し自身のアピールで終わらせる必要があります。
その為には当然興味値のゲージをMAXにできるアピール力がないといけませんが、同時にライバルもラストの圏内にいるのです。
アピール力且つ順番の調整が必要となってきます。
調整の仕方は以下のような方法があります。

・ライバルのアピール丸暗記
・思い出アピール
・アピールのクオリティ操作


ライバルのアピール丸暗記
始めた頃は中々ないクリアできるか出来ないかにドキドキしている事と思います。アピール順は審査員が減らない限り固定されているので、アピール値やアピール先を覚えておくとある程度正確にラストを狙うタイミングが計れます。
丸暗記したい方はWikiを参照してください。

思い出アピール
思い出アピールは成功した場合、誰よりも1番にアピールする事ができます。
尚且つ、アピールもレベル2以上であれば不利タイプのアピールをするよりは高威力となる筈なので締めに使いやすいアピールです。
これを有効に使いこなす為には、シーズン4の間にある程度の値を把握しておかないと空振りに終わってしまいます。

アピールのクオリティ操作
アイドルのアピールには出来栄えを表すステータスのような物があります。
CPUは自動で結果が決まりますが、プレイヤーはアピール開始の際にゲージを止めてそれを判定します。

結果には良いものから順に
Perfect、Good、Normal、Badに分かれています。
結果が良い順番でアピールを行っていきますので、これを意図的に調整して出していく事でアピール順の調整をする事ができます。
因みに、Perfectと思い出アピール(成功)は同様の位置にあります。
このような場合やアピールの結果がライバルと被っている場合、プレイヤーが優先されるので覚えておきましょう。

管理人のオススメはNormal or Bad狙い》です。
その理由ですが、ライバルも大体PerfectかGoodを出す為、《自分のアピールが理由で逆に取られる可能性が高い》からです。

Normalも少しライバルが出してきて取られる危険がありますが、微調整に使えるだけのアピールを出せます。

Badは個人的にオススメです。
アピールがかなり低くなる為、自分が優先されてもライバルも同様に値が低くラストを取られる危険性が低いです。
まだラストを取られるようなターンでない場合、自身のアピールで微調整を重ねたり、微妙な範囲であればラストの獲得も可能性として期待できます。
しかも、Badが誰もいなければここで取れなくても次のターンに回す事ができます。

【最後まで油断しない】

仮に流行1位のラストアピールが取れても油断してはいけません。
2位狙いしていた際にラストアピールを取り逃していたりすると、他の審査員でラストアピールを取られてしまった際に負ける可能性が残っています。
誰に与えてしまうと負けてしまうのかを最後まで考え、自分で取ってしまうか、それ以外のライバルに取らせるかを上手く調整していきましょう。

【まとめ】

これまで、W.I.N.Gの攻略について解説してきました。

準決勝と決勝からは格段に難易度が上がります。
2位狙い&1位ラストアピール狙いはシーズン4までの高難易度オーディションをクリアする際にも役立ちますので、身に付けていきましょう。

アピールはNormal or Bad推しをしましたが、決してそれ以外を決して使うなと言うわけでなく、状況に合わせて使い分けることが大事です。
例えば、どう見てもPerfectが出れば勝てる場面なのであればそうするべきです。
このように負けない選択肢をし続ける事がとにかく大事なので、しっかりと戦略を練って勝利を目指しましょう!

【シャニマス】プロデュースシナリオW.I.N.Gをクリアしたい!(シーズン4攻略編)

W.I.N.Gラストシーズン攻略!
気を付けるべきはシーズン3と変わらないので簡単に説明して行きます。

【とにかく足りない部分を伸ばせ!】

シーズン4の次はW.I.N.G予選に突入です。
予選以降は審査員の攻撃が弱く、メンタルが0になる事は滅多にありません。
初めたばかりの場合は《500》にするのも苦労するかと思いますので、本シーズン用のメンタルが既に整っているのであれば、レッスンに充てていきましょう。
メンタルの目安は《250》です。

【ほぼ約束はしない段階】

残り8ターンで複数回約束の発生は絶望的です。
1約束+1回朝コミュの13ポイント圏内で前半3ターン以内位で約束発生でなければ断ってしまいましょう。

上限に達し、覚えられるスキルも覚え尽くした状態であれば、約束の可能性を選択していきましょう。

【下位のオーディションが突破しやすい】

シーズン3と比べて下位のオーディションはクリアしやすいです。
一気に目標の50,000人を獲得できる《オールアイドル感謝FESTIVAL》は慣れない内に挑戦すると敗北してしまう可能性もあるのでこれより下位のオーディションに挑むと良いと思います。

【オーディションで自分のアピール数値を把握しておこう!】

これまでのオーディションは2位狙いでも突破可能且つ、流行のタイミングで挑めばクリアできるものでした。

しかし、W.I.N.G予選&決勝は1位でないと勝利できません。
その為、しっかり戦略を立ててオーディションに臨まねばなりません。
その戦略の一助として、最後のオーディションの段階で自身が出せるアピールの数値を確認しておきましょう。
特に思い出アピールは確実に先行を取れる手段となるので、とても重要です。

例を説明していきます。
上の画像はビジュアルに特化した甘奈の思い出アピールをしたときのものです。
(続いて真乃の思い出が来て紛らわしくなってしまってますが…)
ここで以下の様に簡単な確認をします。

・Viは12,000行くかいかないか
・Vi以外は10,000行くかいかないか

同じように通常アピールの数値も見ておきましょう。
慣れれば体感で掴めるようになりますが、特化した通常アピールは大体12,000程度に落ち着くと思いますので、もし忘れてしまったらこれを思い出してください。

以上、各シーズンの攻略の解説でした。
予選と決勝戦について次回は解説予定です。

運もかなり絡む部分になるので、ここからは一度自力でやった上で続きを読むと説明がしっくりくるかもしれません。

【シャニマス】プロデュースシナリオW.I.N.Gをクリアしたい!(シーズン3攻略編)

シーズン3の攻略です。
初めの初めはかなり難しい難易度になると思うので、しっかり攻略法を見につけましょう。

【メンタル事故が発生しやすくなる】

このシーズンより審査員の体力とも言えるゲージがかなり増え、サポートのアピールだけでは敗北の可能性も出てくるシーズンです。
下位のオーディションに挑めば問題ないですが、そうでない場合メンタルは《200》をオーディション参加の目安にしましょう。

【メンタルが整っていればレッスン重視の方針で】

本シーズンからはオーディションの難易度が跳ね上がります。
このシーズンはもちろん、シーズン4で余裕を作る為に、レッスンを中心にこなしていきましょう。

【状況次第でアイドルとの約束は断る】

このシーズンまで来ると目指せそうな親密度もなんとなく分かってきます。
《後1回の約束でレベルが上がる》、《ここまで頻繁に約束が発生している》状況でない限りは、心苦しいですが後半からは断った方が結果的にターンの節約となる事が多いです。
もちろん、約束がやろうと思っていた行動と被っているのであれば約束しちゃいましょう。

【目標とするパラメータ】

《最低でも300》ないと下位のオーディションを複数回挑まないと厳しい数値です。目標としては《350》を目指しましょう。

メンタルはシーズン2で前もって解説していた《200》を突破しましょう。
運悪く敗北してしまう事が多い場合は安全策でラジオを追加で行いましょう。

【下位オーディションのバランスに注意】

このシーズンでの必要ファン人数は40,000人です。
シーズン3にストレートに行った場合、一発でこれを獲得できるオーディションは《SPOT LIGHT のせいにして…》になりますが、難易度的に不安な場合次に挑む候補になるのは、画像の《POP-ON!》となります。

このオーディションは下位だけに審査員の《興味値》の上限が低く、にも拘らずライバルのアピール数値もそれなりにある為、《速攻勝負》となってしまいます。
その為、もしアピールに失敗してしまった場合そのまま巻き返しが利かない可能性が高いです。

ライバルのアピールタイミングや自分のアピールに注意し、確実に合格を狙っていきましょう。

【知らないと損するオーディション合格】

ゲームですし、合格=1位取らなければ失敗なんでしょ?と言うイメージが強いと思います。
しかし、実はシャニマスのオーディションは2位でも突破する事ができます。

その為、得意の流行が2位まで入っていれば合格を狙えると言う事になります。
このシーズンより本腰を入れてオーディションに挑む事になるので必ず覚えておきましょう。

【シャニマス】プロデュースシナリオW.I.N.Gをクリアしたい!(シーズン2攻略編)

今回はシーズン2の攻略についてです。
状況によって選択を変えていく事が多いので、段階に分けて解説していきます。

【シーズン3に向けての調整期間】

シーズン2の必要ファン数は10,000人。
ここからはお仕事だけで達成する事はほぼ不可能です。
育成にも影響が出てくるので、オーディションでの突破を目指しましょう。

このシーズンのオーディションはサポートアイドルの力だけでも突破できる様な難易度です。
シーズン3から自信の能力も重要となってくるので、そこに向けた調整をしていきます。

【段階1:育てたい属性をレッスン!】

メンタルも伸ばしたいところですが、イベントが間で発生し伸ばせる可能性があるので、先ずは育てたい属性に寄せてレッスンをしましょう。
《300》までいけるといいですが、アイドルが揃っていないうちは《250》までいけていれば十分でしょう。
ダンスを伸ばしている場合はトークでの稼ぎがあるので多少のアドバンテージがあります。

【段階2:メンタルの調整】

ある程度レッスンが完了したらメンタルも育てましょう。
シーズン3では《200》は欲しいので、《160》までいけていれば、次シーズン中に何とかなります。

【段階3:オーディションに向けてアピールを習得しよう!】

レッスンやお仕事では必ずSPがもらえるので、育てきった段階で貯まっているSPでスキルやアピールを習得していきます。

一度覚えてしまうと取り消しが出来ないので考えて覚えていきましょう。

先ずは、クリアの要ともなるPアイドルが持つ固有のアピールを覚えていきましょう。
(画像では右上ブロックにある、下から見て2番目の左側《ゆらゆらアクアリウム》)

次にSアイドルのアピールを覚えていきます。
(これも各ブロックの2段階目にあります)

ここで注意したいのが、《同じ名称のアピールは1つしか習得できない》点です。
実際は倍率で見る方が分かりやすいのですが、2段階目にあるSアイドルのアピールは汎用的なアピールなので、名称の頭に付く属性を除き、レアリティ別で名称が統一されています。

例えば、ビジュアル2.5倍アピール(正式名称はビジュアルアピールⅣ)を《アイドルA》で覚えた場合、《アイドルB》にあるビジュアル2.5倍アピールは習得できないと言う事です。

倍率で名前が変わると説明したとおり、SRでは倍率が2倍となるので、こちらは関係なく習得できます。

2倍までは自身のアピールの方が最終的に数値が出るようになるので、戦力が整っていないうちはSRも一人は混ぜてアピールの絶対数を増やしていきましょう。

完全に属性特化で編成しているのであれば、Pアイドルの固有アピールとサポートから習得したアピールの2つがあれば、残りが初期のアピールでもサポートのアピールで賄う事ができます。

【段階4:可能であればスキルも覚える】

スキルは絶対ではありませんが、余裕があれば特化している属性が上がるものを覚えていきましょう。
W.I.N.Gのオーディションは前半で勝負が決まる事が多いので、
《メンタル●%以上》や《●ターン以前》と、前半に発動させやすい、条件の緩いスキルを優先して覚えましょう。

特訓を2回以上したアイドルがいる場合、3段目のブロックに注目してください。大きな能力アップが付いたスキルを習得することが出来ます。
条件が緩い場合は絶対に覚えておきましょう。
戦力が整っていないうちは、恐らく行けてSRアイドル1体のスキルを埋めていける程度だと思いますので、初めから1体に絞りましょう。

【段階5:オーディションでシーズン突破を目指す】

調整の終わったアイドルでオーディションへ参加しましょう。
サポートアイドルのアピールでも何とかできるので、いきなり10,000人獲得できる《夕方ワイド アイドル一番!》に挑めると一番ですが、不安な場合は一段下の5000人のオーディションで2週にかけて突破を目指すのも良いでしょう。

【余裕が出来たら】

余裕が出来た場合、
・シーズン3以降のメンタルを考えラジオ
・スキルの習得を増やす為にトーク
・特化している属性のレッスン

この中で足りない部分を伸ばしていくようにしましょう。
レッスンは足りないぐらいだと思うので、レッスン>メンタル>トーク
の順でやっていくと良いと思います。

スキルは覚えたくても特訓されていなくて覚えられない事も多いと思うので、始めた頃はSPが余りがちです。
オーディションも毎シーズン1発で突破を目指せるオーディションがあるので、少量しか増えない前シーズンで稼いでおく必要もありません。

【シャニマス】《クリスマスキャンペーン2020特別ミッション》報酬アイドルは使える?

現在開催中のクリスマスミッションでGETできるこのカード。
去年配布されたカードの復刻となります。

新しく開始した人にも入手の機会があるこのカード、使い道があるのかを解説していきます。

【初心者ならバリバリ使える!】

結論から言うと、戦力が整っていない初心者であれば、とても使えるSアイドルの一つです。

配布SSRはパラメータは若干低めなものの、アピール倍率は通常のSSRと変わらない2.5倍アピールを持っています。

また、配布カードは最大特訓分獲得する事ができるので、被る事がそもそも難しいガシャ産SSRとは一線を画しているのでビジュアル特化に一役買ってくれます。

固有アピールの《冬街イルミネート》はスタンダードな内容ですが、能力アップを打ち消してアピール倍率に変えるストレイライトとは相性の良いアピールなので、ストレイライトから始めた人も当分主力と出来るでしょう。

また、ビジュアルに強いと言う点も優秀です。
今後どこかで展開していきますが、難易度の高い《True End》の達成はビジュアル編成だとやりやすいので、戦力が整わない早期での達成を目指す場合、特化でなくても入れる余地のあるカードとなってきます。

総じて、とても使えるカードです。
しっかりミッションをこなして最大特訓させましょう。

【シャニマス】プロデュースシナリオW.I.N.Gをクリアしたい!(シーズン1攻略編)

シャニマス開始から初めに挑む事になる新人アイドルの祭典と呼ばれるW.I.N.Gへの出場&優勝を目指すプロデュースシナリオの攻略について解説していきます。
4つのシーズンに分かれているので、シーズンごとに分けて解説していく予定です。

【シーズン1のファン稼ぎ】

各シーズンを突破する為には、8週(8ターン)の間にそれぞれ目標のファンを集める必要があります。

大きくファン数を獲得する事が出来るのはオーディションでの勝利となるのですが、レッスンやお仕事でファンを獲得することも出来ます。

シーズン1の必要人数は1000人。
オーディション1回の勝利で満たす事が出来ますが、お仕事だけでも最低150人は獲得でき、目標の1000人を達成する事も簡単なので、1ターン分節約する為にこちらでのシーズン突破を目指してみましょう。

事故の発生しやすい期間でもあるので、この先の説明を参考にしてください。

【1~6週:メンタル&SPを整える期間】

シーズン1は地盤を固める為のシーズンでもあります。
シーズン1は省く事も出来ますが、2以降は慣れない内は難易度低めのオーディションの複数回出場でクリアしていく事も予想されます。

ですがオーディションでは《メンタル》と呼ばれる体力に値する数値が無くなってしまうと、どんなに良い結果を出せていてもその時点で敗北となってしまいます。なので、一定のメンタルはどうしても必要です。

また、SPもオーディションで強力なアピールやスキルを発生させる為に重要なので今のうちに貯めて行く必要があります。

それぞれ、メンタルは《ラジオ》、SPは《トークイベント》のお仕事で主に稼ぐ事が出来ます。ファン稼ぎをしつつ地盤を固めていく事ができるので、このシーズン中にたっぷり強化しておきましょう。

《メンタルはどのお仕事でも少し増えるので、どちらかと言うとトークがオススメ!》

【7週目:オーディションをするかの検討】

7週目時点で残り2ターン残ってますが、トラブル発生によるお仕事等の失敗や、親密度を上昇させる《アイドルとの約束》でファン数が思うように稼げていない可能性があります。

もし、ファン人数がこのターン運要素を抜きにして稼げない場合、オーディションでのシーズン突破にシフトチェンジしましょう。

《オーディションは一番左にある『明日のアイドル一番星』をクリアできればOK!》
最低でも737人いれば、トラブルが滅多に発生しない
『雑誌の撮影』でファン人数を満たす事が可能。最終手段として使おう!

【8週目:予備期間】

シーズン1最後のターンです。見出しの通り予備期間。
アイドルとの約束はこのターンも発生する可能性があり、もしファン人数が希望する行動で稼げる人数でない場合、無視せざるを得ません。

シーズン1時点では親密度はまだ稼いだほうが良いタイミングです。
体感的に割とよく起こるので、この為に8週目は取っておきましょう。